【やけど.com】放射線によるもの


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
yakedo21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link



放射線によるもの

ここではやけどの原因、放射線によるやけどについて説明していきます。

やけどの原因で夏に多いのが、放射線によるやけどです。代表的な例が日焼けです。日焼けも実はやけどの一種なのです。放射線と言えば、太陽の日差し太陽光線に含まれていることで有名ですが、肌が紫外線に触れると皮膚組織の破壊が少しずつ始まります。
この紫外線には3種類あってそれぞれUVA、UVB、UVCといいます。UVCは大気中で吸収されるため現在はオゾン層を通ることが出来ません。地表に届くのはUVAとUVBで、夏の日焼けの原因はこの二つです。
UVAによる日焼けはサンタンと呼ばれ、主にシミやシワの原因となります。メラニン色素を合成し、肌の色を褐色に変化させることで有名です。
UVBによる日焼けはサンバーンと呼ばれ、これが日焼けによるやけどの原因となっています。UVBが皮膚の深層まで達し、血管が拡張して炎症を起こした状態になります。日焼けで真っ赤になるのはこれが原因ですね。

放射線によるやけどは、紫外線に被曝していた時間や範囲によっては重症化する場合があるので、日光浴もほどほどにとどめるようにしましょう。

sponsored link


copyright©2010  【やけど.com】火傷の処置と水ぶくれについて  All Rights Reserved |サイトマップ