【やけど.com】重度の治療


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
yakedo21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link



重度の治療

ここでは重度のやけどを負った場合、重症のやけどの治療について詳しく説明していきます。

重度のやけどを負った場合も、まずは応急処置が必須となります。応急処置までの時間で予後の経過が大きく左右されます。重度のやけどの場合は、皮膚組織が焼けて炭化してしまったり壊死しているので、皮膚移植(植皮)が必要となることがあります。やけどの範囲が少しであれば、周りの皮膚が伸びてきての再生が可能となりますが、広範囲の場合はやはり移植が必要となります。植皮の際は、基本的に自分の体の別の場所から移植が行われます。自分の皮膚だけではカバーしきれないほどの大やけどの場合は、スキンバンクから取り寄せた他人の皮膚の移植が検討されます。
気道のやけどが疑われる場合は、一刻も早く医療機関へ向かうべきです。気道のやけどはむくみによる呼吸困難を起こす危険があり、そうなってからでは処置が困難になるからです。

sponsored link


copyright©2010  【やけど.com】火傷の処置と水ぶくれについて  All Rights Reserved |サイトマップ