【やけど.com】やけどの面積について


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
yakedo21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link



やけどの面積について

ここではやけどの面積を計測する方法について説明していきます。

やけどの重症度を判定するためにはやけどの深さ以外にも面積が必要となってきます。受傷面積を瞬時に測るおおまかな計測方法として、成人では「9の法則」子供では「5の法則」を用います。
「9の法則」は、成人の場合に適用され、体の各部位を9%もしくは2倍の18%として計算する方法です。各部位とは頭部から始まり左右両上肢、表裏胴体、左右両下肢、そして生殖器を1%として計算します。ただし明らかな肥満体系などでは補正が必要となります。
「5の法則」は、乳幼児の場合に適用され、同じように体の各部位を5%の倍数で区切って計算する方法です。乳児と幼児でも面積が大きく異なるので、各部位の割合も異なります。
さらに精密な面積測定には『ルンド&ブラウダーの法則』を用いて計測されます。

やけどが全身の広範囲を覆う場合、非常に危険です。成人で20%以上、乳幼児で10%以上の深度U・V度のやけどは重症化しやすく、命に関わります。このため、やけどの深さと面積の測定は早急に必要となるわけです。


⇒ 気道の損傷

sponsored link


copyright©2010  【やけど.com】火傷の処置と水ぶくれについて  All Rights Reserved |サイトマップ