【やけど.com】やけどの応急処置


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
yakedo21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link



やけどの応急処置

ここでは、やけどを負ったときの応急処置について詳しく説明していきます。

やけどをした際は直ちに応急処置を行います。受傷後の処置は早ければ早いほど良いとされています。これは、やけど被害が皮膚組織の深部まで届かないようにする為です。まずは水道水もしくは濡れタオルで冷やし続けましょう。応急処置に持する時間は15分から30分を目安にして下さい。冷やしすぎると低体温症になる可能性があるので、注意が必要です。特に乳幼児や高齢者の方は低体温症を起こしやすいので、気を付けて下さい。
着ている衣服ごとやけどを負った場合は、無理に脱がさずに衣服ごと冷やすようにして下さい。やけどした皮膚が衣服に引っ付いて剥がれてしまう危険性があるからです。
またしばらくすると水ぶくれが出来ることがありますが、水ぶくれは破ったり潰してしまわないようにしましょう。感染症を引き起こしてしまう場合があります。


⇒ 軽度の治療

sponsored link


copyright©2010  【やけど.com】火傷の処置と水ぶくれについて  All Rights Reserved |サイトマップ