【やけど.com】やけどの症状


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
yakedo21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link



やけどの症状

ここでは水ぶくれなどのやけどの症状について詳しく説明していきます。

やけどの症状は、やけどの程度によって様々です。やけどの深さはT〜V度と3段階に分けられていて、T度から順に深さが増していきます。
T度のものでは鋭い痛みや熱感があり皮膚が赤く腫れたりしますが、数日で治まり傷跡も残りません。
U度のものになると強い痛みに変わり皮膚は赤く腫れて水ぶくれが出来ます。患部に触れると白くなり、感覚が鈍くなります。水ぶくれの中には透明な液体が入っていて、この液体の中身は体液、リンパ液、白血球の死骸などが集まって出来たもので、患部を守って治癒を早めようとしています。潰すと細菌が入り感染症などを引き起こす可能性があるので、むやみに潰さないようにしましょう。
V度のものになると神経が破壊されほとんど痛みを感じなくなり、皮膚は炭化し白か黒い色になってしまいます。
やけどが広範囲に広がることで、全身に症状が現れることもあります。血圧が低下したり、体液を喪失し脱水症によるショックを引き起こすこともあります。

やけどの重症度は軽度、中等度、重度に分類されています。この際深さT度のものは含まれず、U度とV度の面積を基準にしています。
軽度は、深さU度が全身の15%以下、V度が2%以下の状態を言います。
中等度は、深さU度が全身の30%以下、V度が10%以下の状態を言います。
重度は、深さU度が全身の30%以上、V度が10%以上の状態を言います。

sponsored link


copyright©2010  【やけど.com】火傷の処置と水ぶくれについて  All Rights Reserved |サイトマップ